SSブログ
◆ 警察官の不祥事 ブログトップ
前の10件 | -

鶴岡辰弥 大阪府警 不祥事 柏原署地域課 経歴 出身 [◆ 警察官の不祥事]

鶴岡辰弥 大阪府警 不祥事 柏原署地域課 経歴 出身

警察官の不祥事が後を絶たない。
しかも、また大阪府警。
神奈川県警とともに不祥事警察官の牙城になっている。

神戸市の高校2年の女子生徒(16)にみだらな行為をしたとして、兵庫県警少年育成課は27日、県青少年愛護条例違反の疑いで、大阪府警柏原署地域課勤務の巡査・鶴岡辰弥容疑者(24)を逮捕した。容疑は4月22日、神戸市中央区のホテルで、女子生徒が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。鶴岡容疑者は「18歳未満と知っていた。性行為は合意の上だった」と供述している。

 県警少年育成課によると、鶴岡容疑者と女子生徒は4月上旬、メールなどが無料になるスマートフォン(多機能携帯電話)のアプリで知り合った。女子生徒は「本人から警察官だと聞いていた」とも話している。

 2人は4月22日に初めて会い、神戸市内のホテルへ。女子生徒の説明によると、鶴岡容疑者はみだらな行為を「携帯の動画で撮影していたようだ」(少年育成課)。鶴岡容疑者は、5月下旬から、女子生徒に裸の画像を送るよう要求。女子生徒が断ると「(性行為を撮影した)動画を売るぞ」と脅し始めたという。6月下旬に女子生徒から話を聞いた母親が県警に相談して発覚した。

 大阪府警では準強姦(ごうかん)容疑での逮捕など、今年になって警察官の不祥事が少なくとも10件も判明している。

京都府警 警察官 不祥事 高速道路交通警察隊 巡査部長 釣り専門誌 [◆ 警察官の不祥事]

京都府警 警察官 不祥事 高速道路交通警察隊 巡査部長 釣り専門誌

釣り専門誌に原稿を執筆するなどして報酬を得たとして、京都府警が今月上旬、高速道路交通警察隊の男性巡査部長(40)を本部長訓戒にしていたことが24日、府警関係者や監察官室への取材で分かった。公務員の兼業を禁じた地方公務員法に抵触すると判断した。巡査部長は依願退職した。
 府警関係者によると、巡査部長は海釣りがうまく、テレビの専門番組に実名でたびたび出演していた。上司が出演番組を見たのをきっかけに、府警が調査に乗り出し、兼業が発覚したという。
 府警監察官室の説明では、巡査部長は2006年~今年7月、釣り専門誌に約30本の原稿を書き、執筆料約30万円を得ていた。釣り道具会社7社からの依頼で、商品のPRや試作品の性能確認を請け負い、釣りざおやルアーなど約150点の道具を無償提供されていたという。
 地方公務員法は、許可のある場合を除き、公務員の兼業を禁止している。府警監察官室は、執筆料や無償提供された釣り道具が報酬で兼業に当たると判断した。
 同室によると、巡査部長は「釣り師として腕前が認められたと感じた。小額なので大丈夫と安易に考えてしまった」との趣旨の説明をしたという。
.

神奈川県警 不祥事 捜査3課 巡査部長 検問突破 飲酒運転 事故 経歴 出身 [◆ 警察官の不祥事]

神奈川県警 不祥事 捜査3課 巡査部長 検問突破 飲酒運転 事故 経歴 出身   

 県警捜査3課の30代の男性巡査部長が自宅で飲酒後に車を運転、速度違反の取り締まりの検問を突破して衝突事故を起こしていたことが21日、県警への取材で分かった。検出されたアルコールは道交法違反(酒気帯び運転)の基準値(呼気1ミリリットル中0・15ミリグラム)未満で、飲酒運転で摘発はされないという。

 県警によると、巡査部長は17日午後6時ごろ、横浜市港南区の自宅で缶ビール1本と焼酎水割り2杯を飲んだ後、食料品を買うために乗用車で外出した。約2キロ離れたコンビニに向かって市道を走行中、速度違反の検問で港南署員に停止を求められたが、擦り抜けて逃走。路地に入るなどして住宅入り口に立てられた鉄製ポールにぶつかった。

 巡査部長は制限速度60キロの市道を時速77キロで走行していたという。

 巡査部長は、通行人に依頼して110番通報。駆け付けた同署員が調べたところ、呼気から1リットル中0・1ミリグラムのアルコールが検出された。けが人はなかった。

 県警の調べに対し、巡査部長は「飲酒運転が発覚するのが怖かった」と話しているという。県警監察官室は「事実関係を確認し、厳正に対処する」としている。


中村俊夫 経歴 出身 福岡県警 警察官 不祥事 [◆ 警察官の不祥事]

中村俊夫 経歴 出身 福岡県警 警察官 不祥事

福岡県警東署の警部補らによる贈収賄事件で、県警は15日夜、同署刑事2課薬物銃器係長、中村俊夫容疑者(49)(福岡市早良区飯倉)を収賄容疑で再逮捕し、いずれも指定暴力団福博会(本部・福岡市)系組幹部、丸野正倫(39)(福岡市東区三苫)、篠崎和美(40)(住所不詳)両容疑者を贈賄容疑で逮捕した。

 発表によると、中村容疑者は自身が指揮していた覚醒剤取締法違反事件で、容疑者の逮捕情報や福博会系組事務所が捜索の対象になっていることを丸野容疑者らに教えるなどした見返りに、3月下旬から4月上旬までに数十万円の謝礼を署内で受け取った疑い。

 中村容疑者は調べに対し、現金を受け取ったことは認めたが、「その後、全額返した」と供述。丸野、篠崎両容疑者は「一切、身に覚えがない」などとして容疑を否認しているという。
.

科捜研 和歌山県警 科学捜査研究所 警察官 研究員 不祥事 鑑定結果 捏造 [◆ 警察官の不祥事]

科捜研 和歌山県警 科学捜査研究所 警察官 研究員 不祥事 鑑定結果 捏造 

和歌山県警科学捜査研究所(和歌山市)の男性研究員が、証拠品の鑑定を行わないまま、繰り返し鑑定結果を捏造(ねつぞう)していたとの疑惑が浮上し、県警が内部調査に乗り出したことがわかった。

 こうした鑑定結果が刑事裁判で証拠採用された可能性もあり、県警は、証拠隠滅容疑などでの立件も視野に、研究員から事情を聞いている。

 捜査関係者によると、この研究員は化学部門を担当。麻薬やひき逃げ事故現場に残された車の塗膜片などの鑑定作業に従事しているが、以前行った同種の証拠品の鑑定書を流用し、件名などを書き換えるなどの方法で複数回、鑑定書をでっち上げた疑いが持たれている。

 刑事裁判で証拠採用された鑑定結果が虚偽とわかった場合、再審につながりかねないことから、県警は、刑事部内の捜査員を投入するなどして、研究員がこれまで関与した鑑定の内容に不審点がないか、調査を進めている。同研究所には約15人の職員が所属している。

 捜査関係者による証拠品の捏造や改ざんは相次いでいる。大阪府警泉南署では、元警部補が飲酒取り締まりで検出したアルコールの数値を捏造していたことが今年3月に判明し、証拠隠滅罪などで起訴された。府警福島署の元警部らも、強盗強姦(ごうかん)事件の現場で採取された吸い殻の紛失を隠そうと、無関係の吸い殻を証拠品にでっち上げたとして、7月に同罪で有罪判決を受けた。

 こうしたことを受け県警は、不適切な証拠の取り扱いがないかなどについて、内部チェックを進めていたという。

 ◆科学捜査研究所=犯罪捜査のため、警視庁と各道府県警に設置されている研究機関。法医学や心理学、化学などの部門に分かれ、鑑識活動などで得られた遺留品や証拠品について、DNA型や血液型の特定、塗膜片などの分析、薬物の検出などを担う。
.

村田快一郎 山口県警 外事課長 パワハラ 経歴 出身 警察官 不祥事 [◆ 警察官の不祥事]

村田快一郎 山口県警 外事課長 パワハラ 経歴 出身 警察官 不祥事

  山口県警の村田快一郎・外事課長(警視)が、複数の部下に対し、過度な叱責(しっせき)などパワーハラスメントを繰り返したとして、県警は13日、警務部付に更迭する人事を発表した。県警は取材に対し「本人は行き過ぎがあったことを認め、反省している」と説明している。

 県警によると、7月中旬ごろ、部下の一人から相談があった。村田課長は2011年3月、交通機動隊長から現職になった。県警はパワハラがあった期間、被害を受けた人数は明らかにしていない。

 警務課の松井源輝次長は「このままでは業務に支障が生じると判断し、異動させた。監察官室の調査を待って処分するかどうかも含めて検討したい」と話している。


日本警察において外務的な捜査や、防諜を担当する部門は外事課である。スパイに対する捜査や在日外国人団体関連の捜査を行う。国外において日本の司法警察に法的な捜査権はないが、現地の捜査機関と協力したり、テロ捜査のために海外で情報収集を行う場合がある。同時に防衛省情報本部や公安調査庁と協力することもある。

また、国外の情報機関とも関係を持っている。

新井孝一 群馬県警 沼田署 警察官 不祥事 [◆ 警察官の不祥事]

新井孝一 群馬県警 沼田署 警察官 不祥事 

 群馬県警沼田署は12日、同県渋川市渋川、県警本部留置管理課の巡査長新井孝一容疑者(47)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、新井容疑者は同日午後11時25分頃、同県沼田市利根町園原の路上で、正当な理由なくナタ(刃渡り17センチ)を持った疑い。

 新井容疑者は、同市の実家に帰省中で、午後10時半頃、妻(45)にどなり始め、自ら「女房を殴った」と110番。実際は殴っていなかったが、駆け付けた同署員に「警察が何をしに来たんだ」と車からナタを持ち出して振り上げるなどしたという。調べに対し、「農家なのでナタぐらい持っている」などと容疑を否認しているという。

 新井容疑者は、うつ病の診断を受け、昨年11月から今年6月まで休職していた。

大分県警 地域課航空隊 ぶんご 携帯電話 [◆ 警察官の不祥事]

大分県警 地域課航空隊 ぶんご 携帯電話

大分県警は9日、奈良市の上空約400メートルを飛行中の県警ヘリコプター「ぶんご」の小窓から、地域課航空隊の男性整備士(42)(技術職員)が私用携帯電話1台を落としたと発表した。

 人や建物などへの被害は確認されていないという。

 発表によると、9日午後2時10分頃、機内が暑かったため、後部座席にいた整備士が左手で携帯電話を持ったまま小窓を開けた際、誤って落とした。奈良県警に通報したが、携帯電話は見つかっておらず、遺失物届を出す方針。

 ヘリは埼玉県内のヘリポートで定期点検を終え、燃料補給のために高松空港に向かう途中だった。なぜ携帯電話を手にしていたのか、事情を聞いている。

 同課の佐藤則夫課長兼航空隊長は「不注意によりこのような事案を起こしてしまい、大変申し訳ない。指導を徹底していく」とのコメントを出した。



前渕敏治 経歴 大阪府警 福島署 不祥事 [◆ 警察官の不祥事]

前渕敏治 経歴 大阪府警 福島署 不祥事

 たった1本のたばこの吸い殻で、30年以上のキャリアを重ねた警察官人生が台無しになるとは想像すらしていなかっただろう。強盗強姦事件の証拠品であるたばこの吸い殻を捏造(ねつぞう)したとして、証拠隠滅罪に問われた大阪府警福島署元刑事課長の元警部、前渕敏治被告(55)=依願退職=に7月末、有罪判決が言い渡された。優秀で部下思いと周囲の評価も高かった警察官が、前代未聞の犯罪に手を染めた背景には、社会人なら誰でも経験する「上司との不和」という事情があった。

■「犯人捕まらへんから…」

 「紛失が発覚することによる煩わしさから逃れようとする安易な犯行。捜査への信頼を揺るがした」

 大阪地裁は7月25日、証拠隠滅罪に問われた前渕被告に懲役4月、執行猶予3年(求刑懲役4月)、元部下で警部補の稲原孝被告(45)=起訴休職中=に検察側の求刑である罰金10万円を上回る罰金20万円の有罪判決を言い渡した。

 法廷の証言台に立ち、直立不動の姿勢で主文を聞いた2人は被告席に戻った後も、姿勢を正したまま、感情の読み取れない表情で判決理由に聞き入った。

 検察側の冒頭陳述や判決によると、2人が罪を犯した経緯はこうだ。

 平成23年6月。福島署刑事課係長だった稲原被告は、同署管内で15年3月に発生した強盗強姦事件の被害者の室内から押収した証拠品のたばこの吸い殻が、証拠品保管倉庫室からなくなっていることに気付いた。府警による総合監察を10月に控え、証拠品の点検をしている最中だった。

 稲原被告はすぐに上司の刑事課長だった前渕被告に報告。前渕被告は再度の捜索を指示したが結局、発見できなかった。

 強盗強姦罪の時効は10年(16年の刑事訴訟法改正で15年に延長)。この時点で時効まで2年を切っていたことから、すでに解決の見込みはないと考えた前渕被告は「総合監察さえ乗り切れば、何とかなるのでは」と考えた。

 「この事件は犯人捕まらへん。作って置いといたらええんや」

 稲原被告にたばこの吸い殻捏造を提案する。「第三者の吸い殻を利用すれば、仮に鑑定に回されたときに第三者に迷惑がかかる」として、自分の息子のたばこを、紛失した吸い殻に似せるよう加工し、それを稲原被告が証拠品保管倉庫室に置いた。23年8月のことだった。

■上司の叱責を恐れ…

 なぜ前渕被告はすぐに上司に吸い殻の紛失を報告せず、捏造という行為に手を染めたのか。

 証拠の紛失そのものは確かに大問題であり、前渕被告は証拠品の保管責任者という立場上、何らかの責任を問われたかもしれない。ただ、吸い殻を紛失した時期は不明で、前渕被告が刑事課長になる前にすでに紛失していた可能性が高かったのだ。捏造が発覚した場合のリスクを考えると、普通なら上司に紛失を速やかに報告する選択肢を選ぶケースといえる。

 前渕被告の不可解な行動の“謎”は公判で明らかになった。

 前渕被告は今年6月の被告人質問で証拠隠滅を決断した理由を問われ、「上司の副署長との不和」が背景にあると供述した。副署長に紛失を報告すれば、どのような指示や叱責を受けるか分からない。「対応に追われ、刑事課の仕事が何もできなくなると考えた」というのだ。

 副署長と折り合いが悪くなった原因については「よく分からない」と振り返る一方、「自分の部下への指揮能力に納得がいっていないようだった。自分が副署長の指示に従わないと、自分を飛び越えて直接部下に指示がいくこともあった」と不満を漏らした。

■「眠るのが怖い」

 前渕被告が、副署長との人間関係に悩んでいる様子は部下や家族の目にも明らかだった。

 稲原被告は自らの被告人質問で、どこか言いにくそうに「折り合いが悪そうだというのは下の立場から見ていても分かった」と打ち明けた。

 前渕被告の妻も証人として出廷。福島署で人間関係に悩んでいた頃の夫の様子が忘れられない、と涙ながらに証言した。「遅くまで起きている夫に声をかけると『眠るのが怖い』と言うんです。『眠ると朝が来てしまう』と…」。妻は、夫に寄り添うことしかできなかったという。

 稲原被告の弁護人は「事件の本質は前渕被告と副署長の人間関係にある。どちらが悪いということではなく、本当に相性が悪かったということ」と指摘した。

 証拠隠滅か上司からの叱責か。本来なら悩むべき事柄ではないが、前渕被告は前者を選んでしまった。法廷で「愚かな選択でした」とうなだれ、「まじめに勤務している多くの警察官に迷惑をかけ、本当に申し訳ない」と頭を下げた。

 捏造直後の23年9月、前渕被告は港署地域課に課長として異動した。10月の府警の総合監察も切り抜け、福島署時代の吸い殻の捏造は発覚しなかった。福島署を離れ、目に見えて明るくなったという。

 妻は当時の様子を法廷でこう振り返った。

 「『若い部下を教えるのは本当におもしろい』。そう話す夫は昔に戻ったようでした」

■急展開

 しかし今年2月9日、事態は急展開した。強盗強姦事件の容疑者が浮上-。稲原被告から前渕被告のもとへ、そんな衝撃的な情報がもたらされたのだ。

 前渕被告は被告人質問で当時の経緯を説明した。

 「捏造した吸い殻を鑑定に出せば、大変なことになる」と翌10日、古巣の福島署を訪れ、副署長に捏造を報告したという。

 「容疑者浮上と聞いて驚いた。発覚するとかしないとか、あまり考えないようにしていた」

 そして3月8日。新聞報道で証拠品の捏造がスクープされ、前代未聞の不祥事が露呈した。

 府警捜査1課と福島署が強盗強姦事件の容疑者として、男(39)=公判前整理手続き中=を逮捕したのは、捏造が表面化した当日。被害者の室内に残されていた指紋と男の指紋が一致したことが決め手になったという。

 吸い殻の紛失について、ある府警幹部は「吸い殻があったら、(捜査で)どうだったかというのは何ともいえない」と言葉を濁している。

神奈川県警 不祥事 剣道 正代賢司 逮捕 2008年 全日本剣道選手権優勝 [◆ 警察官の不祥事]

神奈川県警 不祥事 剣道 正代賢司 逮捕 2008年 全日本剣道選手権優勝 

 少女に自分の裸の画像を撮影させて携帯電話に送らせたとして、警視庁少年育成課は19日までに児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、神奈川県警第2機動隊の巡査部長・正代(しょうだい)賢司容疑者(31)を逮捕した。正代容疑者は2008年の全日本剣道選手権優勝者。元日本一剣士の逮捕に、剣道界は衝撃に包まれている。

 「児童買春」「ポルノ禁止法違反」―。剣道の厳粛なイメージから程遠い容疑名で逮捕されたのは、イケメンの元日本一剣士だった。正代容疑者は、調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 警視庁少年育成課によると、正代容疑者は昨年10月16日、当時16歳で高校2年だった少女(17)にカメラ付き携帯電話で裸を撮影させ、画像3枚をメールで送信させた疑いで今月18日に逮捕された。

 正代容疑者は事件前、インターネットの掲示板を通じて「友達になろう」と少女にメールを送り、電話をやりとりする関係に。その後、警察官の身分や剣道日本一の経歴を明かし「好きだから裸の写真を送って」などと複数回にわたって要求していた。少女から相談を受けた知人が5月に警視庁に届け、被害が発覚した。

 事件を受け、神奈川県警監察官室は「警視庁の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを出した。

 正代容疑者は熊本県出身。県立八代東高では目立った実績を残せなかったが、全日本剣道選手権で史上最多6度の優勝を誇る神奈川県警・宮崎正裕監督(49)から才能を見いだされ、1999年に同県警に進んだ。

 県警では「三倍努力」を座右の銘として研さんを積み、2008年の全日本選手権を制覇。竹刀を頭上に構えて相手と対する「上段」の使い手として、25年ぶりの優勝で話題をさらった。切れ味抜群の「片手面」を武器に、翌09年と今年5月の世界選手権の代表にも選ばれ、団体戦で優勝した。私生活では08年に結婚して子どもをもうけたが、現在は県警の独身寮に入寮している。

 第一人者の逮捕を受け、神奈川県剣道連盟は19日午後の理事会で対応について議論し、全日本剣道連盟の綱紀委員会に審議を依頼する文書を提出することを決めた。8月26日に行われる全日本選手権神奈川県予選への出場の可否など、処分は綱紀委が決定する。

 県剣連の小林英雄会長は「申し訳なく思っています。激しい剣道をするけど、性格は静かな人間なので、びっくりしています」と話していた。

前の10件 | - ◆ 警察官の不祥事 ブログトップ
通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。