SSブログ

広島県立広島大学 生命環境学部 アカハラ セクハラ パワハラ 准教授 [◆ 教師の不祥事]

スポンサーリンク




広島県立広島大学 生命環境学部 アカハラ セクハラ パワハラ 准教授

県立広島大は20日、学生に暴言を吐くアカデミック・ハラスメントや体を触るセクハラ行為をしたとして、同大生命環境学部の50代男性准教授を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 同大によると、昨年4月~今年1月にかけて、准教授は自身の研究室に所属する学生に「犬以下」などの暴言を吐いたり、10年12月には飲み会の席で女子学生の体を触るなどしたという。今年1月、複数の学生から大学に相談があった。同大によると、准教授は学生への発言の事実は認めているが、セクハラに関しては「良く覚えていない」と話しているという。大学側は数年前から、准教授に対して生徒への暴言などを理由に数回、口頭注意をしていたという。
 同大の赤岡功理事長は「誠に遺憾。未然に防止できなかったことについて真摯(しんし)に反省し、キャンパス・ハラスメントが二度と起きないよう全力で取り組みたい」とするコメントを出した。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
通貨ペア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます